CONTENTS

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


Baby Face(R+S)



遠い意識の下で鳴っていたベルの音が、だんだんはっきりと聞こえてくる。
その音が枕元でけたたましく鳴り響く目覚し時計だと認識するまでに、僅かに時間が掛かった。

…――起きなきゃ。

そう思ったものの何か重たい。
体が動かない。
覚醒しきらない意識の中で、原因を考える。

――…あぁ、そっか。

ゆっくりと目を開けると、あたしの体に腕を巻きつけた諒が気持ち良さそうに熟睡している。
無防備なその顔に、自然と口元が緩む。
「りょう…朝よ。起きて。」
諒の頭を撫で、覚醒へと導く。
「ん〜…。」
意識があるのかないのか、顔をしかめて、頭を撫でる冴子の手から逃げていく。
そんな諒を見つめながら、もう一度、呼びかけてみる。
「りょぉ?」
「ん〜。」
もぞもぞと冴子の胸元に頭を埋めてきた。
「諒ってば。」
「んー。」
甘えてくる諒を引き離そうと、諒の肩に手をかけて、つっぱねてはみたもののびくともしない。
それどころか、冴子を抱きしめる腕に更に力が入る。
「もー諒っ…離してよ。学校遅れちゃうわよ!」
いつまでもこうしていたい気持ちは山々だけれど、ただでさえ出席日数が少ないのだから、これくらいのことでサボるわけにはいかない。
「りょう!」
「…とごふん…」
むにゃむにゃと、猶予を求めれられ、一瞬、冴子は抵抗を止めた。
ボサボサになっている諒の髪に指を通しながら、頭を撫でる。
「諒…?」
腕の中で眠る諒にもう一度、呼びかけてみるが返事はない。

出張に行っていた筈の諒が、深夜突然、来たかと思えば、食事もせずにシャワーだけ浴び、冴子よりも先に、冴子のベッドで眠りについていた。
何も無理に深夜に帰ってこなくても、翌日ゆっくりと帰ってくればいいのに….。
そう思ったが、あえてここに無理矢理に戻ってきたと言うことは、一人で眠りたくない何かがあったのだろうか。
諒は、仕事先での事を多くは語らないけれど、時々、戻ってくるなり異様に甘えることがある。
わかりやすいのが、まさにこれで、朝起こしても、起きようともせずにべったりとくっついて離れない。
本当は、起きようと思えば起きれるはずだ。
いつもなら、過敏すぎるほどに神経を研ぎ澄ませ、何が起きても動けるのだから。
しかし、相変わらず諒は幸せそうな顔で寝息を立てている。

こんな顔されたら、起こせないじゃない…。

冴子は、仕方なく、諒をこのままにしておくことに決め、自分だけでも学校へ向かおうと決意した。
そっと自分の体に絡まった諒の腕を解こうと再度、試みたものの、諒の腕はしっかりと冴子を捕らえて離す気配はまるでなかった。
「ねぇ…離してってば。あたし、仕度するんだから。」
「んーんー!!」
その声に反応した諒が駄々を捏ねるように唸る。
冴子を拘束するその力は更に強まり、ぎゅうっと諒が抱きついてくる。
小さな子供のようにしがみついてくる諒があまりにも愛しく思えた。
「……諒ちゃんってば…も〜。」
甘すぎるかもしれない…。
そんな事を自覚しつつ、諦めて、あたしも負けじとしがみついてくる諒を抱きしめた。
諒の頭に顔を埋めると、諒のシャンプーの香りがした。
大好きな匂い。
気持ちが良くて、安心する。
大好きな諒の匂いだから好きなのか、この匂いが好きなのか自分でもよくわからないけれど、心地が良い。

「諒のばか…。」

2時間目からは必ず行こう…。
そう心に誓って、諒の匂いを胸いっぱい吸い込んで、瞳を閉じた。


END

スポンサーサイト