CONTENTS

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


follow wind (R+S)



帰宅ラッシュの時間帯にはまだ早い5時前、諒と冴子は忍から依頼されていた仕事を終えて、渋谷駅から六本木行きのバスに乗り、二人掛けの椅子に並んだ。
諒は窓際にどっかりと座り、窓を全開にすると、縁に肘をついた。
六本木通りを走るバスに吹き込む風はお世辞にも綺麗とは言えなかった。
排気ガスまみれの風を受けて、諒がつぶやいた。
「なんか夏が近いネェ」
「…そうね。」
日中の熱を残した街が、夜風に吹かれて、夏のような匂いを漂わせていた。
頭ではなく、身体が記憶している夏の出来事。
諒の身体は、きっと夏になるとあの日の出来事を無意識に思い出させるのだろう。
本人の意思とは裏腹に。
「諒?」
「ん?」
「あっという間に終わるわよ。夏なんて。」
「そうだね。」

「夏だけじゃないし、ね…。」

夏だけが特別じゃない。
一年中、罪のない人たちを殺めている。

「俺、いつかすんごい罰が当たるんだろうな…」
さっき手にしたばかりの玉を見つめて諒は言った。

(たとえば、最愛の人とは一緒になれないとか。)

そんなことを考え、冴子の顔を見た。

「もう当たってるわよ」
「え?」
思いがけない言葉を冴子は口にした。
「今。苦しいでしょ?」
「そらねぇ、あんなことした後だからね。」
祖父を亡くした悲しみに暮れ、妖の者に身体を明け渡した人を斬ってきた。
犯罪者でもなんでもなかった。
ただ、自分の祖父を、家族を愛していただけなのに。
「それがあなたに当たってる罰よ」
「そうなのかな」
「そうよ。辛くても苦しくても、独りで背負わざるを得ないんだから。」
「まぁ、ね。」
(独りで背負わざるを得ない…か…)
諒は目を閉じて、今日出会ったばかりの彼女の涙を思い出した。
確かに、人を斬りつけるときのあの感覚は誰とも共有できない。
玉を手にした後のやりきれなさと苦しみも。
罪悪感に苛まれ、眠れない日だって珍しくない。
けど、これが本当にあの日の罪の償いになっているのか、いまだにわからない。
罪に罪を重ねているだけな気もする。

黙り込んだ諒を見て、冴子が言った。
「そうやって、悩んで苦しんでるのが、罰がなんじゃない?」
しかし、相変わらず黙り込んでいる諒を見て、所詮、こんな気休めが通用するはずがないと諦め、話を切り替えた。

「今日ね、亮介ちゃんと亜衣ちゃんが夜ご飯一緒に食べようって。
亮介ちゃんが、ご飯奢ってくれるんだって。」
「アイツ、画材買わなきゃとか言ってたくせに…」
「亮介ちゃん、諒の仕事が終わるの待ってたのよ」
「金ないのに何を無理してんだか。」
「じゃぁ、今月の家賃、諒ちゃんが全部払ってあげたら?」
「アナタ、また過激なことを…。」
「いいんじゃない?亮介ちゃんの気持ちなんだから、素直に受け取れば?」
冴子がそう言うと、諒は席についた時から握っていた冴子の右手を
ぎゅっと握り締めてきた。
突然、力の入ったその手を冴子は不思議に思って、諒の顔を見た。
「…どうしたの?」
「…いや。別に。ただ、やっぱり俺、罰が当たる気がする」
「何それ。」
「冴子が凄すぎて。」
亮介も、みんな優しすぎて。
「素直に幸せって言ったら?」
冴子は呆れ返って、笑った。
「もったいなくて言葉になんかできんよ」

本当に心の底から君が隣にいてよかったと思う。



END

スポンサーサイト