CONTENTS

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


OUR SONG


 

「くそっ・・・」

逃げ行く妖者の後姿が見えなくなり、苦い顔で舌打ちする。
髪の毛をグシャグシャと掻きまわし、回り右して走り出した。

 

ここに来てからもう3週間以上経ってるという事に、あせりの色が出始めていた。

(・・・早くしないとまた嫌がらせされるからなぁ)

東京での待ち人を思い、苦笑する。
今頃、何をしてるんだか。
大学?あやしげな通販?どうせ亮介やら里見さんやらと楽しくやってるに違いない。それならそれでいいのだ。
でもなぜか、こんな時はあいつの青白い表情ばかりが浮かんでしょうがない。

――早く。

まったく先に進まない現状に苛立つ自分を振り切るように、走るスピードを上げる。
坂道を一息で駆け上ると草原の上に身を投げ出し、空を睨んだ。

 


数分遅れて冴子が現れ、少し離れた位置に無言で座り込んでいた。
穏やかな風に髪をなびかせて、泣きたくなるような気分で唇を噛む。

進むしかないのに。

――急がないと。

(・・・そんな事、判ってるわよ。)

 

途方に暮れて座り込み、俯いたままの冴子が口を開いた。

「なめられたものね。」

「・・・ほんとにねぇ。」

背後からの声に、諒が溜息混じりに答える。
3度も同じ手で逃げられてる事にお互い、いい加減うんざりしていた。
どうかしてる。気ばかりあせって前に進めないなんて。


少し冷たい風が吹き抜けて、髪を揺らす。
ふと冴子が視線を上げてふわりと遠くを見つめた。

「出来の悪い部下を持って忍様がお嘆きになるわね。」

「・・・2人がかりでこの様じゃね。」

諒がちらりと冴子を見て悪戯っぽく言う。冴子が溜息と共に笑った。

「まぁ、出来の悪い子ほど可愛いといいますし。」

小さく呟くと、伸びをして立ち上がる。

乾いた冷たい空気が心地良い。
真っ直ぐに世界を見据えて、深く息を吸った。

「いつまでもこんなとこに居られ無いな。明日には撤収。これ絶対。」

”昨日も同じ事聞いたわよ”と言おうとして、冴子は言葉を飲み込んだ。

――その言葉が心強かったから。

「上手く行くさ。」

何か言おうとした冴子を遮るように諒が小さく付け足した。
そのまま振り返らずに、さっさと歩いて行く。

「置いてくぞー。」

諒の後姿を冴子は小走りで追いかける。
想いは一緒で。なんだかくすぐったい様な気分だった。

まだ大丈夫。

根拠なんて何も無いけど、2人ならそう思えた。

 

END

スポンサーサイト