CONTENTS

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


key word(諒冴)



鞄の中には、ノートと教科書と筆記用具と。
それから今日は、大切なチョコレートが一つ、大事にしまわれている。
…今日はバレンタイン・デー。
女の子に、いつもより少しだけ多くの勇気が試される日。
(…初めてのことじゃないのに)

『彼』に渡すのはこれで3度目になる。

去年の―2度目の―バレンタインは二人共通の仕事の最中で、何かのついでに義理チョコと言って渡してしまった。

そして、一昨年。初めて渡した時。私は鎌倉の屋敷から外に出ることを許されてまだ一年にも満たない、世間のことを十分には知らない無知な人間で。そして「彼」は、その身に深く刻まれた夏の傷痕を、いまだ癒えさせることの出来ないまま日々暮らしていた。虚ろな瞳と殺意を露わにした眼差しを交互に浮かべていた、当初の状態よりは数段ましになっていたけれど、それでもまだ「世間」に順応するには程遠く。



あの時私たちは15歳。
諒と出会って、まだ半年だった――――――。



「ねえ、諒」
2月初頭の今日、七瀬冴子は渋谷の街を駅に向かって歩いている。
彼女のすぐ前には、ひょろひょろとした体格の長身の少年が一人。
向かう先は同じ。なぜならば、彼は自分の買物につきあっているからだ。
問い掛ける言葉に対する返事は、返ってこない。
「ねえ、ったら」
再び沈黙。
既に慣れきっている反応ではあるが、いい気持ちはしない。
冴子はツカツカと歩速を早め、前を行く諒の正面に立ちはだかった。
そして、諒の足をその身で止め、キッと相手を睨みつける。
「ちょっと!聞いてるんでしょう?返事くらいしなさいよ!」
「……何」
一切のムダを省いた、ひどく小さな声。
うっかりしていると聞き逃してしまいそうになるほどの。
「聞きたいことがあるのよ!」
「…だから、何?」
声を張り上げる冴子とは明らかに対照的な諒の対応に、少なからず苛立ちを感じながらも、冴子は声のトーンを下げた。こちらは相手に聞く立場なのだから、相手に合わせるのは当然のことかもしれない、と思った。
「…バレンタイン、って何なの?」
「……」
暫くの空白。
何よ、この間は?と重ねて聞きかけた時、諒は口をぽかんとあけた。
「は?」
「さっきからずっと気になってたのよ。渋谷の街中、ハートマークと『バレンタイン』って言葉で埋め尽くされてるみたい。」
そう言われて諒は周囲を見渡してみる。つい今まで外のものになど注意を向けていなかったから気がつかなかったが、確かに、ビルや電柱などいたるところがバレンタインの宣伝ポスターやネオンで彩られている。
…が、しかし。
「知らないわけ?バレンタインを?」
心底疑問に思って聞いた言葉は、冴子の真顔と共に返された。
「そうよ。だから聞いてるのよ」
諒はつい、怪訝な表情で冴子を見てしまう。
「…不自然だ」
信じられない、といった風情の一言と共に、諒は正面に立ちはだかる冴子の脇をすり抜けて、歩き始める。
「何がよ!知らなかったら何か不都合があるものなの?」
振り返り諒の後を追いながら、冴子はなおも食い下がった。
そして二言目の切り捨て言葉を発する諒。
「…時代錯誤?」
この言葉に、冴子はかなりカチンときた。自分がもしかしたら一番気にしているかもしれないこと――閉鎖されたあの屋敷で育ってきた冴子には、まだこの外の世界の理が、理解できないという――をさらりと言われてしまったためである。静かな怒りを含む低い声で、背中越しに一言。
「あなたかなり失礼な発言飛ばしてるわね…」
そして背中に垂れさせてある諒のマフラーの端を、グイ、と引っ張る。
渾身の力で、思いっきり。
「…うわっ…!」
冴子の聞く限り今日一番の大きな声。
バランスを崩した諒は後ろに倒れかかり、けれどもなんとか持ち前の反射神経で足を一歩後ろに出すことに成功した。
「何すんだお前!」
くるりと振り返り、冴子を睨みつける。
「地雷を踏んだ罰よ。…すっごくむかついてるんだもの、私」
諒の視線に正面から挑むように、冴子もまたキッと視線をあわせる。向かい合ってにらみ合う男女に、周囲を歩く人々はものめずらしそうに見ながら通り過ぎていく。けれども周囲の視線は冴子には関心がない。そして、この勝負に自分の負けることが決してないとも、彼女は確信していた。
「…バカらしい…」
ふっと視線を反らし、諒はぼそりと呟く。こうして視線を合わせた場合、彼はいつも自分から先に冴子から視線をそらす。
そう、『いつも』。
「諒の負けね」
厳しい視線を向けたまま、冴子は問い掛けた。
何が負けだよ…と、諒は絶対に言わない。それは彼自身が、負けたと思っているから。
「勝手にしろよ」
逃げ口上だと一番思うのはおそらく本人だろうとわかっているから、冴子はその先をいう事はない。それが諒と喧嘩をするときの、ルールだと思っている。
(まったく、やりづらいわね!)
内心で毒づきながらも、冴子は別のことを言った。
「で、バレンタインって?言っとくけど、私は冗談で聞いてるわけじゃないから。わからないから、聞いてるの。本気よ。」
歩き始めた冴子の右隣を歩きながら、諒はむっつりとした口調ではあるが、それでも冴子の問いに対して口を開いた。
「バレンタインっていうのは、『女から男にチョコ渡して告白する日』。」
「告白?って何の?」
「お前…やっぱりふざけてる?」
「真剣よ。」
「知らないなんておかしすぎる」
きっぱりと即答する諒に冴子は内心ムッとした。けれどもいちいち反応していては話が進まない、と自分に言い聞かせ、非難ではなく疑問を口にする。
「告白っていうのは、人に何かを伝える、ってことでしょう?何を伝えるのよ、チョコ渡しながら?」
「・・・・・・」
「お菓子渡しながらものを伝えるって、子供をあやす母親みたいね」
「・・・・・・」
「ねえちょっと、何黙ってるの?」
「・・・・・・」
一向に帰ってこない返事に痺れを切らして、冴子は隣を歩く諒を見上げた。
僅かだが、眉間に縦筋が浮かんでいる。
不機嫌であるというよりは、返答に困るというような表情が浮かんでいた。
「私、何か間違ってる?告白ってものすごく大切なことをいうものなの?」
はぁ、と諒は大きく溜息を一つついた。
「…チョコレートを渡すのは、ついでのことで。女が男に「大切な気持ちを伝える」のが、本来。…本当に通じない、それで?」
冷ややかな目を向けられて、冴子はドキリとする。
「大切な、事?」
「人によると思うけど。…少なくとも俺には、ふざけたイベントにしか思えない。」
「人による?」
疑問を連発する冴子に疲れたのか、諒はそこで急に話を途切れさせた。
「用はもう済んだんだろ、帰ろう。時間の浪費だ。」
そして速度をわざと速める。
(…何よ、ムカツク…)
再び諒の背中を見る形になった冴子は、ムッとしつつ慌てて小走りに彼を追った。





女性から、男性に、大切な気持ちを伝える
それは人それぞれの、とても大切で、伝えたいこと――――


それから数日の間、冴子の頭の中ではその言葉がぐるぐると回っていた。





渋谷での買物から、数日たった14日。
「ねえ、これ、あげるわ」
諒の住む、斎伽忍所有のマンションのリビングルームの壁にもたれて座る諒に、冴子は箱入りの包みを差し出した。諒は箱を一瞥し、即答する。
「…いらない」
けれども冴子は諦めずに、繰り返す。
「受け取りなさいよ。せっかく買ってきたんだから」
「女ってこういうふざけたイベントが好きなんだな。とにかく、いらない。迷惑だ」
「それでも受け取ってよ。これはあくまで『ついで』なんだから!」
冷ややか視線が、冴子の瞳を射抜く。
迷惑極まりない、といった表情もまた、彼女を責めたてる。
「まだ何かあるわけ」
詰問する口調。全身で拒否しているのがわかる。
「あるわよ。本命が。」
ここでひるんではいけない、と冴子は言い聞かせる。
この箱の中身はあくまで『ついで』、なんだから、と。
「私は。あなたのこと、ものすごくむかつくわ」
「……」
「いつまでも内向的で、自虐的で、被害者的で。弱いって思う。」
「…それで?」
冷たい声。言われた諒が怒るのは当然だと、思っている。
けれど、伝えたいのはそんなことじゃなくて。
「だけど!…けれど私は貴方に会えて、良かったと思ってる。貴方が此処にいることが嬉しい。馬鹿でも、弱くても、性格悪くたってそれでも私は…貴方に会えて良かった、そう思ってるから。そしてこれからもその気持ちは変わらないから、安心してここにいて。」
途端に、え、という驚きの表情を浮かべる諒に対して叩きつけるように、冴子はチョコレートの箱を押し付ける。
「それだけ。…それが、本命の『伝えたいこと』よ。何でチョコが必要なのかなんてわからないけど、でも、誰かのことを思ってこうしてプレゼントを選ぶのは、初めてよ。あなたにあげることを考えて、そのチョコを選んだわ。だから、受け取って。受け取りなさいよ、貴方には受け取る義務があるって、私が決めたんだから!」
そこまでまくしたて、諒の手が包みをしっかりと受け取るのを見ると、冴子は足場にリビングから出て行った。その顔が普段よりも明らかに赤みを増しているのを、諒は捉える。
「…バカはお前だろうが…」
渡された包みを手の中でしばらく弄んで、それからまたしばらく俯いて。
俯いたまま、人差し指の先で床に文字をなぞった。アリガトウ、の「ト」まで書き、途中でやめる。何をやってるんだ俺は、と毒づきながら、それまでの字を消去るかのように、掌で床をこする。
ふいに、僅かにではあるが暑く感じられた。
涼しさを求めるように諒は一度溜息をつく。
それはエアコンの所為なのか、それとも諒自身の身体の異変の所為なのか。
気づく由もなく、諒は再び箱をじっと見つめた。




fin

スポンサーサイト