CONTENTS

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


秋桜(諒+忍)


「だからアレは不可抗力だといってるんですがねぇ!」
「それが許されるのにも限度があるよ。…今回生じた損害についてはお前の給料の中から差し引かせてもらう。異論はないね?」
「そんなの…」
あるに決まってるだろう俺は薄給に苦しむ勤労学生なんだっ…と言おうとして、水沢諒は口をつぐんだ。
続く忍の一言に、嘆息する。
「『お前』のミスだよ、諒。」
受話器越しに聞こえる声の持ち主がいかなる表情をしているかを想像し、自然と嫌そうな顔をする。
厳しい言葉を口にしても、その口元には笑みが浮かんでいるのだ、どうせ。
「労働者を敬う気持ちを持たんかい…」
言うだけ無駄だとわかった上での反論は、嫌味なくらい律儀に否定された。
「おかしいな、勤労感謝の日はとうの昔に過ぎたはずだ。…それ以前に、お前が感謝に値する程度の働きをしてくれないことには、僕としてもその意見を尊重できないけれど」
まったく残念なことだね、という言葉と共に付け加えられるわざとらしい溜息に、諒は危険信号を感じる。
これはまちがいなく延々と続く、そう思った。
根拠はないが自信はある。
まちがいなく、この雇用主は――斎伽忍は暇を持て余しているのである。
「そもそもお前の仕事振りは…」
急ピッチで強くなっていく危険信号を忠実に理解して、諒は行動を起こす。
「あああああ、わっかりましたとも!要は真面目に仕事すればいいんでしょ、”コレカラハキヲツケマスヨ シノブサマ”!!それじゃ、また」
忍の言葉を途中で遮って早口でまくしたて、有無を言わさずに電話を切った。
これを冴子が見ていたら異常なほどの剣幕で怒られるんだろうな、と思い、けれども諒は久々に忍を出し抜いたことにちょっとした満足感を持った。



――そして、その10分後。
事件は起こった。



「どわっ!」
1DKの狭い部屋に、声が響き渡る。
わざとではなく、予想もしない状況に対して本心から出た驚愕に対する反応である。
その原因は…。
「 驚かせてしまったかな」
そう言って笑う人物が一名ほど、「今」この部屋にいる。
その人物――まぎれもなく斎伽忍である――は右掌を壁につけていた。
「いきなり湧いてくるなんて卑怯な手段を…」
酸欠状態の魚のように口をパクパクさせながら、諒は忍のいる場所と対角線となる反対側の窓際にジリジリと寄って行った。
「人をゴキブリか何かのように言わないでくれないか。流石の僕も傷ついてしまうね」
ゴキブリの方がまだ存在を常に気配でアピールしているだけましだ、と思いつつ。
「なら人間ビックリ箱めっ!」
「貧困な語彙だ。…僕は保護者として悲しいよ、諒」
「あぁどうせ俺は未熟ですよ」
「よくわかってるじゃないか」
明らかに言質をとられている、形成不利な状態。
これはいじけた言葉を吐いてもさらに底へと突き落とされる気がする。
やってられん、とげんなりしつつ、諒は投げやりな口調で言った。
「で、あんたは何しにきたの」
体よく言いたいことをいわせて追い出そうとしていた諒の言葉に、忍は笑みを浮かべて応えた。
彼の目的を。
「紅葉を見に行かないか。せっかく信州に来ているのだからね、見に行かない手はないだろう?」
きっぱりと言い切って玄関へと向かう忍を見、諒はやれやれ、と溜息をつく。
(まぁいいか、どうせ暇だし)
そして立ち上がり、諒はあることに気がついて再び嫌な顔をした。
「忍、お前土足…」
「ああそうだったかい。」
あっさりと返ってきた言葉に、諒は再び深い溜息をつく。
忍に聞こえるように、わざと。
けれども、投げかけられたのは謝罪の言葉ではなく、
「早くしてくれないか、諒」
という自分を急かす声だった…。





紅葉を見るにはうってつけの場所、という情報をどこからか仕入れてきた忍の言に不本意ながらも従って、二人は並んでゆっくりと向かった。
両端を木に囲まれた並木道をで歩きながら、諒は溜息をつく。
「忍なんていつでも来れるでしょうが、お得意の壁抜けとやらで」
「美しい景色を一人で見てもつまらないだろう」
「じゃあ冴子と行けば…」
「冴子は学校だ。それに…僕はお前とこの景色を愛でたいと思ったのさ」
ちらりと横目で忍を見る。
いつのまにか忍を追い越した身長では、やや彼を見下ろす視線となる。
「ずいぶんと前から、そう考えていた。実現できて嬉しいよ」
ふわりと微笑う仕草に、諒は瞳を瞠る。
それはとても人間らしい、自然な仕草で。
あまりにも自然すぎて、正直驚いた。
「どうした?」
我に返ると、忍の視線と合う。
その問いかけにも、違和感を感じる。
(何についての違和感…)
正直に、応えるべきだろうかと一瞬考え、やめた。
代わりに付け焼刃で他の理由を考える。
「いや…それにしては急な計画だと思ってさ」
いきあたりばったりにしては無理のない理由だと諒は自分で思う。
「思いたった時でないと動きにくいと思ったのもので。それに今日は丁度身体の調子も良くてね。」
身体の調子、そういわれて諒は再び忍を見つめた。
白い肌は相変わらずで、けれども以前感じた”人離れした雰囲気”は幾分和らいでいる。
先ほど感じた違和感とはそれなのか、と思う。
幾ばくかの時間が経過して、再び忍から声が発された。苦笑交じりの声。
「…さっきからお前は僕を見ているね。なにかおかしなところでもあるのかい」
再び視線があう。
「別に、なんでもない。」
そっけなく返事を返して、諒は意識的に視線を正面に移した。
「あとどれくらいで着くの、その場所に。」
「そうだな、あと…15分くらいかな」
その答えに、諒はうげっという顔をする。
かれこれ既に20分程は歩いているはずだ。
「それは…歩きよりもバスや電車を使ったほうが早かったんじゃないか?」
「ああ、最寄の停留所から5分で着くらしいね。」
「…ちょっと、忍さ〜ん?」
「時間を忘れてゆったりと歩くのもたまには大切なことだよ」
「ああそう…」
これで今日何度目の溜息なのか、諒は数えるのをやめることにした。





広い公園の中を少し歩くと、紅葉に包まれた広場に辿りつく。
平日の夕方、ということもあって、他に先客はいなかった。
ひらひらと落ちる紅葉の一つを地面に届く前にタイミングよく手にとり、その華麗な赤を忍はしばし見つめた。
「美しいね」
「…ああ、綺麗だ」
一面に広がる赤とオレンジの世界に、諒は内心感動している。
確かにお奨めスポット、と評される理由がわかる。
忍の趣味であるネット検索で収拾したのであろう情報にしては、まともなものだと素直に感心できた。
手にとっていた紅葉の葉を離し、その落ちていく様を見ながら、忍は言う。
「終焉の美しさ、ということかな」
「終焉?」
心に引っかかったキーワードをオウム返しに応える。
「紅葉とは己の役割を終え冬に向けて葉を落とす前の、僅かな残りの時間を過ごすための形態。それを見て僕達は美しいと感動する、それはものの終わりを感じ取る心が同時に働いているのではないかと思っているよ」
ふわりと風が吹き、いくらかの紅葉の葉が木から離れ地面へとゆるやかに舞いながら落ちていく。
その様を視界に捉えながら、諒は忍の言葉を心に反芻する。
「毎年同じように訪れる終わり、決まりきったものであっても、その美しさは変わらない。美しいと感じる人の心もまた、同じようにね」
「…そうじゃない」
ポツリと諒は呟く。
興味深げに、忍は諒を見遣った。
「まったく同じであることに心を動かすわけじゃない」
「ならば、違いとは何だろうね」
即座に返ってくる言葉に何かを返そうとして、詰まる。
もやもやした心の中の想いを、言葉にすることが難しくて、声が詰まる。
「…人の心の状態とか…」
「不安定なものだね」
返って来る答えを明らかに予測していたのか、忍から返って来る言葉はあまりにも機械的だった。
まるで、その答えに納得していないかのように、とりあえずの一般論を口にしただけ、といった印象を受ける。諒もまた、心に思ったことを上手く言葉に出来ていない自分に苛ついた。
「俺は…」
無意識の内に頭を抱え込み、自分の中の言葉を必死に外に出そうと試みる。
「…人は終わりを想って心を動かすんじゃない、景色に自分を重ねたりはしない、ただそこにあるものが美しいから感動するんだ。その心に、同じも違いもない。綺麗なものを、美しいと感じることに他に理由なんていらない…俺は、そう思う」
感じたものを、感じたままに受け止める。
自分でいいながら、それがいかに奇麗事なのだろうかと笑いそうになる。
…明らかに、自分は心で抱いている本心を隠しているというのに。
諒の答えに、忍はふ、と笑った。
まるで嘲られているかのように、諒は受け止めた。
忍はおそらく、自分の隠した真実を、察している、そう思う。
そしてそれはすぐに、確信へと変わった。
「終わりが怖いのかい」
静かに問い掛ける声。
諒はハッと息を呑む。
あまりに的確すぎて、正しすぎて、言葉が出せない。
肯定も反論もできない。
そのまま言葉を返すことをせず、諒は顔を上げ周りの景色を眺めた。
鮮やかに彩る紅葉は、けれどもどこか物悲しくて、心を締め付ける。
それは青々とした葉のざわめきがもう存在しないことを表しているからかもしれない。
あるいはこれから訪れる、葉の落ちきった寒々しい冬の景色を迎えることへの寂しさなのかもしれない。
どうしようもない感情が、心の中を駆け巡る。
隣の忍を縋るように見つめる。
…と、その時。諒の脳裏にある光景がひらめいた。
それはそう遠くない以前の出来事。
忍の傍にいる自分、そこに彩る色彩。
そう、あれは…目の前の人間に、誓いをたてたあの春の日の光景。
今よりももっと淡くはかない 感を受ける斎伽忍と妹の冴子、そして…乱れ咲くの桜の世界――
とても美しい記憶が、鮮やかに蘇る。
そうか、と気がつく。
確かに目の前に広がる光景を寂しくないと、物悲しくないといえばうそになるだろう。
…けれど。
けれど、と諒は思う。
長い冬の後には暖かな春が訪れる。
春になれば、また葉がつき、花が咲く。
季節は巡る。
終わりでは、ない。
長く続く道の、たった一つの区切りでしかないのだと、そう思った。
「諒、どうした?」
物思いに耽る諒の表情に変化が現れたことを知り、忍は問い掛けた。
「終わり、は、怖い。けれど、それはある一つの終わりであって、全部がなくなってしまうわけじゃない。そしてまた新しいことが始まる、そういうことだけれど…終わらないものだってある。この紅葉の葉の命が終わってまた新しい葉が実るように、その一方で土台となる木がずっと生き続けるように。この世界には、新たに生まれるものと朽ちずに続くものがある。」
自分の見つけた新たな答えを、大切に、慎重に言葉にする。
それは普通の人間には今更、と思うことかもしれない。
けれども自分にとっては紛れもなく画期的な事実で。
言い切ると、口を閉じて相手の返事を待った。
忍はこの意見に対して、どんなことを思うのだろうか。
否定されるのか、肯定するのか、またはどちらでもないのか。
様々に思いをはせながら、ひたすら待つ。
けれども、忍からは何の言葉も返されなかった。
ちょっと待て、と思いつつ視線を横に転じ、諒は正直に驚く。
いつにない光景を目にしてしまった。
あろうことか、斎伽忍が地面に――といっても芝生の上だけれども――腰を下ろしていた。
「どうしたんだい、そんなに驚いた顔をして」
「あまりにも普段見ない姿を目の当たりにした自然な反応のつもりですが」
「少し歩きすぎたようで、疲れたんだよ。…こうして視線を変えて見る景色もまた、素晴らしい」
「あぁそうですか…」
せっかくワタクシが熱弁をふるったというのにアナタはまったくね…とブツブツこぼしながら、諒は忍と同じように腰を下ろした。確かに、先程よりもさらに頭上に広がる紅葉は、また違った顔を見せる。
「ああ本当に、綺麗だね」
満足そうな顔で語られる言葉。
「ああ」
簡潔に応える諒。
「諒、一つ提案があるんだが」
「何?」
振り返ることなく相槌を打つ。
「諒の言うまた新たな美と、変わらない何かの融合したこの景色を見に、また来年も来ようか。そう、来年も、この場所に。」
さらりと言う忍の言葉に、諒は再び驚きの表情を向けた。
(こいつ、ちゃんと聞いてるし…)
「諒はどう思う?」
笑みを浮かべた忍の問いかけに、少し頬を上気させて諒は応えた。
自分でも照れているのだとわかる。
「…いいんじゃないの、来ても。」
照れ隠しのせいか、ぶっきらぼうに答えて諒は視線をずらした。
その一部始終を忍は暖かな眼差しで見、そして再び微笑した。



fin.

Begining(忍+α) 


白でも黒でもなく
同時に両方ともであるともいえるような
矛盾だらけの空間

常識と非常識とが不可思議に調和し融合した
明らかに現実とは非なる世界

この場所へ足を踏み入れるたびに
自らが人あらざる者であると思い
同時に自らが弱く曖昧な心身を有する
不完全な存在であると認めることになる

訪れを嬉々として望むような場所ではない
来なければいけない、と否応なしに訪れる場所
此処は、そういった空間

私と、彼とは似て非なるもの
否、「似ている」と思うことは、驕りであるのかもしれない
考えることが既に、彼にとっては許しがたき行為なのかもしれない

この身体は『神』という名の絶対者を受容するための受け皿に過ぎない
思いのままに使役され、そのことに対抗することは許されず
その果てに残るは、使い古され朽ち果てた肉体と
狂気に魅入られた自身の心

その後に待つのは、永遠
その名を現世では死と詠う・・・

ならば
ならば、この身に宿る精神は、何のために在るというのか

正を正と
悪を悪と
内に個人としての基準を持ち

主張すべき権利と
己に課す義務とを
思考し判断するこの心の所在する意味とは





ふっ、と目の前の空間が切り替わった






非現実の場所から、現実へ

混沌の中から、光の中へ

無限の空間から、有限の物質世界へと―――






「忍?」
うっすらと瞳を開き、呼びかける声の主に顔を向ける。
視界に映るぼやけた輪郭は、次第に鮮明な人の姿となった。
「どうやら眠ってしまったようだね」
自分を見下ろす相手に向けて、そんな言葉を返す。
その相手――水沢諒は、大げさな溜息を一つこぼした。
「・・・アンタどうしようもなく寝すぎ。今さら寝て育つ、なんてお年頃でもないだろうにねぇ、まったくねぇ。」
「僕は今さら育つ必要などないな。お前の精神的成長については大いに望むところだけれどもね。」
「人を呼び出しといて眠りこけてらっしゃる方が何をおっしゃるのやら・・・」
「全員集まっているのかい」
アナタ何をのん気なことを・・・と諒は非難の目を向ける。
「今からもう2時間ほど前に全員集合してる。・・・きーさんなんか痺れをきらして今コンビニにお出かけ中よ?マイ親友亮介君にオマケの黒猫を引き連れて。・・・冴子と里見さんはキッチンで調理中。冴子曰く『台所領域侵犯の戦闘態勢中』。」
「・・・で、お前は?」
「オレは・・・台所を手伝おうかと思ったんだけど追い出されて、コンビニに付いていこうとしたらきーさんに思いっきり嫌な顔されて、仕方ないからここにいる・・・って何か言ってて自分で自分が可哀想になってきた。もしかして諒ちゃんって苛められ中というヤツなのかしら・・・およよよよ」
手の振り付きで泣き真似をする諒を見て、忍は微笑った。
「役に立たない、というのはつらいだろうね。同情の余地はないけれども。」
がくっ、という大きな頭のフリ付きで落ち込むそぶりを見せてから、諒は、あのねぇ・・・と呟いた。
「こういう時にはそっと慰めるのがセオリーというやつではないでしょうか忍サマ?」
「慰めてほしいのかい?それは知らなかったな」
「あっそ・・・」
「けれども、今は慰める余裕がないな。頭がフラついていてね・・・」
自然な会話の続きのような感覚で言った忍の言葉は、しかし諒の意識を集中させる。
たしかに、先ほどから忍は瞳を閉じ、こめかみのあたりを手で押さえている・・・。
「忍・・・」
先ほどまでの冗談めかした口調とは明らかに異なる、彼の真実の声。
呼ぶ名前は同じでも、その言葉にかかる重みが違う。
「すぐに治るよ。いつものことだ」
「いつも?」
「そう、あの場所に訪れると、こういった症状になる・・・」
それは何処だ、と問いつめたい気に刈られる。
しかし、その言葉を飲み込んで、諒はさらなる忍の言葉を待つ。
ほんの僅かな忍の行動をも見落とさぬように、注意深く見つめながら。
しばらくの時間を、そうして過ごした。
張り詰めた空気が、時の流れを酷く遅く感じさせる。
「・・・しかしこれを忌避などはしない」
ぽつりと発された言葉。
「これは僕に未だ心が存在する、ということの証。それゆえに・・・」
再び、言葉が途切れる。
その光景を再度見つつ、諒はつぶやく。
「闘っているのか、おまえは。夢の中でさえも」
自分の手を、忍の額へと当てた
掌から伝わる、普通では信じられないくらいに冷ややかな、彼の体温。
「闘う・・・そう言うべきなのかな」
「ちゃんと、勝てよ。そうしないと、おれがおまえに勝つチャンスがなくなる。だから。お前がお前でいなくなったら、困る」
励ましのような、叱責のような、それでいて自分自身に言い聞かせる言葉のような・・・様々な意味を含んだ彼の言葉を、忍は聞き、内心で苦笑する。
(ちゃんと勝て、か・・・簡単に言ってくれるね・・・)
未だ身に宿る痛みは消えないけれど。
それでも、彼を癒し潤す存在も確かにあって、そのことに対して嬉しいとも、感じている。
いつしか顔には自然に笑みが浮かぶ。
額に伝わる諒の手の暖かさに心地よさを感じながら、そして諒の言葉に潤されながらも、忍は言った。
「・・・百年早いんじゃないか、諒」
それを聞いた諒は嘆息混じりに呟いた。
「・・・せめて10年といって欲しいかも・・・」





心が存在すること
それは不自然であると
許されざるべきことであると
身体の訴える、叫び
それは痛みという形で表に生じる

けれども
これを逆に考えると
この痛みは
己の心の存在を否応なしに認めた結果として起こる現象であり
挑戦である

器に心があるということは、
運命に抗うことを僅かなりとも許されているのだと

あるがままを受け入れるのではなく
自ら試行錯誤を重ね動く権利を有しているのだと

自分はそう「決めた」

それゆえに己の心は
この痛みを受容する





忍がリビングへの扉を開くと、一斉に彼を待つ者達の視線が集中した。
「やあ、待たせたね」
「待たせすぎ」
苛々とした表情を隠さずに、和泉希沙良は抗議の声を上げた。
「あ、忍さん、おはようございます・・・ってあれ?」
「崎谷君、今は夕方だよ」
何か一言でも挨拶を、と慌てふためく崎谷亮介に、里見十九郎はやんわりと訂正を入れる。
「何か飲まれますか?」
キッチンから顔を出した七瀬冴子の問いかけに、僕には紅茶を頼む、と答え、彼はいつものようにソファに腰掛けた。
「あ、さえこさ〜ん、おれには濃ゆ〜いコーヒー一つプリーズ!」
忍に続いてリビングへとやってきた諒は、お気に入りの椅子をがたごとと移動させながらキッチンに向けて言った。それを聞きつけた希沙良の眉がピクっと吊り上る。
「・・・おい水沢!お前さっきポカリって馬鹿みたいに騒いでただろ!買ってきてやったんだからまずこっち飲めよ。」
「え?きーさん買ってくれちゃったのっ?晴天の霹靂みたい・・・」
「お前マジで喧嘩売ってんのか・・・」
「・・・ちょっと、結局コーヒーはどうすんのよ?いるの?いらないの?はっきりしなさいよ!」
延々と続くとりとめもない話。
耳を傾けるまでもなく自然に捉えられる会話に、忍はふっと笑みをこぼす。
「どうしましたか?」
十九郎が問い掛ける
「いや、なんでもない」
一度そう答えてから、ふと思い立ち、言葉をつなげる。
「話に加わらないのかい?時にはお前もこういった議論に身を投じてみることも大切なんじゃないかな」
「謹んで遠慮させていただきます、と申し上げましょうか。体力気力ともに無駄遣いが出来る程有り余ってはいませんからね」
「若さがないよ」
その言葉に、十九郎は面白そうに笑った。
「成長期が過ぎた、ということなのでしょうか」
「さて、どうだろうね」
曖昧にぼかした言葉の意味を、どこまで十九郎は深読みするのだろうか。
彼の表情に表れる反応を興味深げに観察しながらしばらくの時間を過ごす。
そう時間のしないうちに、キッチンで一仕事を終えた冴子がトレイをかかえてリビングに戻り、空いた席に腰掛けた。
差し出された紅茶を忍は受け取り、その香りを愛でる。
カップに口をつけることはせずに、テーブルの上に静かに置き。
そして・・・一拍置き、部屋にいる彼の言葉を待つ者全てに対してこう言った。

「さあ、はじめようか」





お前たちにとっての
そして自分にとっての
『未来』
今現在の各々の行動次第で
如何様にも変化させることが出来るのなら
そう、信じられるのならば
さあ
運命への挑戦を、はじめようか



Fin.

<< | 8/22PAGES | >>